プロミスは様々なシーンから即日融資が可能なカードローンです。色々なカードローンの即日融資を調査してきた当編集部においてもナンバーワンの調査結果が出ています。他のカードローンと比較して抜きん出ているところは、

平日14:00までにオンライン契約完了で手持ちの口座に即日振込可能

夕方からでも大丈夫!オンライン契約を完了すれば即日カード発行可能

土日祝でも審査可能!最寄の自動契約機で即日カード発行して即日融資

会社に電話されるのがちょっと・・・電話での確認作業代替相談可能

他のカードローンを大きく引き離すメリットの初回30日無利息サービス

(※即日融資は審査結果によります。※初回30日無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

今すぐお金を借りるのに立ちはだかる壁をこれら五つの特徴で低金利で提供してくれるのがプロミスです。更には女性の方も申込を躊躇されることのないようレディースキャッシングも用意されていますので安心です。

プロミスで即日融資を申込む!

  1. プロミス SMBCコンシューマーファイナンス

    ↓↓↓プロミスレディースキャッシング↓↓↓

    プロミスレディース

プロミスをはじめとする大手消費者金融の今すぐ借りれる度をチェック

今すぐ借りるということは最短即日融資ということになりますがその方法としては、

 

自動契約機によるカード発行で即日融資


 

即日振込による即日融資


この二通りの融資方法で最短即日融資ですく借りれる方法ということになります。この二つのすぐ借りれる方法について、プロミスがどれだけ優秀なのか他の大手消費者金融と比較して見ることにしました。

自動契約機によるカード発行で即日融資を他の大手消費者金融と比較

大手消費者金融ではすべて自動契約機(カード発行機)を持っています。この場合すぐ借りれるかどうかの比較要素は、

 

  • 人によって申込む時間はバラバラなので何時まで可能なのか?
  • カード発行までに掛かる時間はどれくらいなのか?

ということになってきます。これらを大手消費者金融で比べて見ると、申込可能時間は全て21:00頃までということになります。審査自体はどこも21:00まではしているようですので、厳密に言うとそれまでには審査を終わらせておきたいということもあるので、最短30分審査を差し引いて20:30頃までに申込むということが必要になってきます。

自動契約機のある店舗の営業時間は、20:00~22:00までで店舗により異なりますのでどこも変わりはありません。

カード発行までに掛かる時間は、人それぞれ借入金額や収入・与信によって審査時間が異なりますので一概には言えませんが、ネット申し込みをしておけば与信の審査等は完了している状態ですので、後自動契約機で行う作業は在籍確認とカード発行のみですのでこれはどこも30分~40分程度で終わります。

 

それじゃぁどこも変わりはないですね?プロミスはどこが有利なの?


後一つ重要な要素が抜けています。それは、

 

自動契約機までどれくらいの時間でいけるのか?という要素です。


先ほど自動契約機では20:30頃までには申込みたいということは伝えましたが、ネット申込をしておけば在籍確認を残すのみなので20:50頃までに自動契約機に行けばカード発行できる可能性はあります。

しかし、自動契約機まで1時間ほど掛かるのであれば19:50には出発しなければ間に合わない事になります。逆に10分程度で行ける場所にあるのであれば、20:40に出発しても間に合うということになります。自動契約機が近くにあるかどうかという目安になるのは、

 

自動契約機がどれだけたくさん設置されているかによって左右されます。なので自動契約機ですぐ借りるために重要な要素は自動契約機設置台数ということになります。


大手消費者金融の自動契約機(カード発行機)設置台数一覧

自動契約機(カード発行機)設置台数 専用ATM併設店舗
プロミス 約1,700台 約1,694店舗
アコム 約1,109台 約1,109店舗
モビット 約435台 専用ATMなし
アイフル 約911台 約480店舗

即日振込による即日融資を他の大手消費者金融と比較

即日振込によりすぐ借りる方法は即日振込ということになりますが、この場合に重要な要素は、

 

何時までに契約完了すれば即日融資が可能なのか?


ということです。振込融資に関しては、振込先の銀行に営業時間というものがありますから、どんなに遅くても平日15:00以降は振込融資は不可能になるという前提でのサービスの比較になります。

大手消費者金融の即日振込可能時間比較

即日振込可能時間
プロミス 平日14:00までに契約完了で可能
アコム 平日14:00までに契約完了で可能
モビット 平日14:50までに振込手続き完了で可能
アイフル 平日14:00までに契約完了で可能

と、このようになっています。モビットだけが遅くまで受け付けているように見えますが、プロミスやアコム・アイフルも平日14:50までに振込手続きをすれば可能で、その前に契約を平日14:00までに済ませておかないといけませんよということを書いているだけです。

 

なので即日振込の可能時間としてこれらの大手消費者金融のサービスに違いはありません。


 

それじゃぁプロミスはどこが有利なの?


プロミスには平日14:00までという振込融資の概念を超えた画期的なフリコミサービスがあります。それが、

 

瞬フリです。

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行

いずれかの口座であれば、登録する事によって24時間365日最短10秒で振込融資が可能なサービスです。


これを利用すれば、平日の14:00以降の契約や土日祝日などの金融機関の休業日でも最短10秒で振込みが可能になるのです。

プロミスが土日祝日でも最短即日融資ですぐ借りれる秘密は在籍確認にあった!

キャッシングやカードローンを利用する時には、審査の中で勤務先に本当にその人が勤務しているかの在籍確認があります。プロミスでも在籍確認があり、勤務先に本当に申し込んだ人がいるかの確認の電話があります。

土日祝日にプロミスやその他のカードローンに申込んですぐ借りるにも、この在籍確認を経てから契約して借りる事になります。そうなると、

 

土日祝日に勤務先が休みで、確認の電話をしても誰も出ず、確認が取れない場合も出てきます。この場合は通常のカードローンであれば、契約は勤務先の翌営業日となり、申込日の即日融資は不可能となりますのですぐ借りることはできません


しかしプロミスの場合は、

 

会社への在籍確認の電話を別の確認方法でする相談が可能ですので、土日祝日でも契約することが出来、最短即日融資ですぐ借りることが出来ます。


これがプロミスで土日祝日でも最短即日融資ですぐ借りれる秘密なのです。

プロミスの在籍確認はどうやって行われる?

その在籍確認の電話のタイミングですが、まず申込みをした後に申込時に使用した自宅か携帯電話に申込みの確認の電話が掛かり、申込内容の確認がなされてから在籍確認の電話の承諾を得て、その後に勤務先に電話が掛かります。在籍確認をすると言う事は、

 

仮審査が終了して通過しており、最後の本審査に入るという事なので、在籍確認をされるという事は安心出来る事なのです。


もし在籍確認について心配事などあれば、プロミスの場合には本人に電話が先に掛かるのでその時に相談する事が出来ます。よく、

 

勤務先に消費者金融から電話が掛かると心配だ・・・


と思う人もいますがプロミスからの電話は担当者が個人名で掛けて来るのでプロミスと分かる事はないので、安心です。また非通知で電話を担当者が掛けて来るので相手を知られる事はありません。もし会社の人に聞かれたら、何かを申し込んだ確認の電話とでもいえばばれる事はありません。

しかし職場が申し込んだ日に休みだったらどうなってしまうのか、不安に感じる人もいるかもしれませんがこのような場合には、営業日にまた在籍確認の電話が行われるようになりますからその日には基本契約が出来ない事になります。

ただし、どうしてもこの日にお金を借りなければいけないと急いでいる人には先ほど説明した通り、プロミスの人に相談すれば違う方法で在籍確認を行ってくれますから安心です。

派遣社員の場合はプロミスではどこに電話が掛けられるの?

派遣社員の場合には、在籍している会社と派遣されている会社が違いますが、どちらで在籍確認をするのか心配する人もいます。派遣社員の場合には、

 

基本的にはプロミスの場合派遣元に在籍確認の電話が掛かります。


ただし派遣社員の場合には、派遣元にでは働いていないので派遣先に電話をしてほしいとプロミスの人に相談すれば派遣先に電話を掛けてもらう事も出来ます。

プロミスの場合パートやアルバイトでも職場に電話が掛けられるの?

プロミスは、安定した収入があればパートやアルバイトでもお金を借りる事が出来ます。当然プロミスの場合でもその他のカードローンでもパートやアルバイトも在籍確認の電話がパート先やアルバイト先に掛かって来る事になります。ただし、アルバイトの場合には大きな所でアルバイトをしている場合には、勤務先に電話をしても電話に出た人が、アルバイトの在籍状況まで把握していない場合もあります。

もし、アルバイトが大勢いる職場で自分の事が認識されていないと心配がある場合には、事前にプロミスの人に相談して電話以外の方法で在籍確認が出来るか相談してみるといいです。プロミスの在籍確認はプライバシーに配慮されており、安心ですがどうしても在籍確認に抵抗があるという人は申込の確認の電話が本人に掛かって来た時に相談すれば他の方法を考えてくれる場合もあります。

しかし、基本的にはどこも在籍確認は電話で行われますが事情がある場合には、プロミスの人が相談に応じてくれますから相談してみることです。

プロミスのサービスをアイフルと比べてみた

消費者金融にも色々ありますが一番メジャーどころと言ったらプロミスやアコム・アイフルになってくるのではないでしょうか。どれも最近とても人気があって独自のサービスを用意していますがアイフルをピックアップしてプロミスとどういうサービスの違いがあるのか検証してみました。

まず利息を比べてみる

アイフルの金利は実質年利4.5%~18.0%で最高融資限度額は500万円です。プロミスとは遜色ないですが

  • 最高金利が0.2%プロミスの方が低い
  • 初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)がある

この二つで実は大きく利息が変わってくるのです。例えば、30万円を借りて元金6万円ずつ5ヶ月で返済したとしましょう。

1ヶ月目
の利息
2ヶ月目
の利息
3ヶ月目
の利息
4ヶ月目
の利息
5ヶ月目
の利息
利息合計
プロミス なし
初回30日無利息サービス
およそ3,511円 およそ2,633円 およそ1,756円 およそ878円 およそ8,778円
アイフル およそ4,438円 およそ3,551円 およそ2,663円 およそ1,775円 およそ888円 およそ13,315円

となんとおよそ4,537円も利息が変わってくるのです。初めて申し込むならプロミスを選ぶ理由が分かりますよね。ちなみに毎月の返済額は利息を足した金額なので、

1ヶ月目
の返済総額
2ヶ月目
の返済総額
3ヶ月目
の返済総額
4ヶ月目
の返済総額
5ヶ月目
の返済総額
利息合計
プロミス およそ50,000円 およそ53,511円 およそ52,633円 およそ51,756円 およそ50,878円 およそ258,778円
アイフル およそ54,438円 およそ53,551円 およそ52,663円 およそ51,775円 およそ50,888円 およそ263,315円

サービスを比べてみる

アイフルはまず借入れが可能かどうか診断出来るサービスがありたった1秒で診断というのがありますがこれはあくまで仮審査にもならない申込条件に合致しているかどうかチェックするだけのものですからこれと言って便利なサービスではありません。プロミスにも3秒診断がありますが同じようなサービスとなっています。

また「えらべーる」というサービスがありますが、この「えらべーる」というのはアイフルからカードを送られて来た際に配達時間を選べるというものです。自分がいない間にカードが送られて来たら受け取れないので不便というだけでなくもし同居している家族がいる場合その家族にアイフルからお金を借入れている事がバレるというのを防ぐ事が出来ます。プロミスでも申込みの際にオペレターに伝えれば対応可能で郵送物なしにする対応も可能になっています。

その際にはカードが郵送できなくなるので最寄の自動契約機で発効と言う形になります。自分が都合のいい時間に配達時間を指定出来たり郵送ストップできるということは両社ともにいいサービスがあると言えます。

またアイフルには「てまいらず」というサービスもあってこれは無人の電話ボックスの事でボックス内でカードの発行まで出来てしまうんです。もちろんプロミスにも自動契約機があり、数は消費者金融最大と言っていいでしょう。

アイフルとプロミスこれまではがっぷり四つですが、一番の大きなサービスはやはりプロミスには初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)があるということでしょう。

他に大きな特長として口フリというサービスもあります。このサービスは利用者の口座から自動的にお金を引き落としてくれるというものでわざわざ自分で口座に入金しに行く手間が省けるので大変便利です。

またプロミスには自営業者専用ローンというのがあって最大300万円まで借入れが可能。スピード審査で当日中の融資が可能となっています。急いでお金を必要としている自営業者の人にはこの上ないサービスだと言えるのではないでしょうか。

学生や主婦が即日融資を受けたいならプロミスで決まり!

プロミスといえば、とにかくスピーディーな審査と融資で知られており、もちろん即日融資も対応可能です。もっとも、即日融資といえばこれだけ多くの消費者金融が営業をしている現在ではそれほど珍しいものではありません。

にもかかわらず、プロミスを多くのユーザーが利用しているというその理由については、やはりプロミスが高い利便性を備えた消費者金融業者であるという点が挙げられます。たとえばプロミスでは安定した収入があれば学生や主婦であっても融資を受けることが可能です。

 

特に学生の場合は、遊興費など何かとお金が必要になるものです。ただし、年齢が20歳以上であることが大前提になっています。


学生の本分は勉強であるということはまぎれもない事実ではありますが、同時にお金がないというのもまたまごうことなき事実です。プロミスは消費者金融の中でも長い歴史を持った業者であり、もちろん学生への融資においてのノウハウも問題ありません。

もちろん学生がプロミスでお金を借りるとなると、ただ融資を受けるだけでなくその後の返済についてもしっかりと考えておく必要があります。即日融資が受けられるからといって軽い気持ちで申し込んでしまいその後の返済が行き詰まってしまうといったケースも少なからずありますが、もちろんその点についてもプロミスなら安心。その他に年齢20歳以下(18歳以上)でも学生にお金を貸す中小消費者金融もありますが、

 

20歳未満の未成年の契約事は民法により、保護者の意思で破棄することができる為、契約に保護者の同意が必要になります。大手は未成年には一切貸していない為、大手以外で学生が借りるのは危険なのでやめておきましょう。


プロミスなら初めて申し込む方なら初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可)も利用できますので、返済も問題なくスムーズに行うことができます。

学生と並んでプロミスを利用する層が多いのが主婦層です。

 

主婦であってもパートなどで安定した収入を得ているということが要件となりますが、そういった要件を満たしているのであればプロミスで申し込むことが可能です。


主婦層からも高い人気を集めている理由は、女性の方を対象にしたレディースコールが用意されているという点。何かと不安な「お金を借りる」という場合でもすぐに疑問点を相談したり確認したりできますのでスムーズに借入を受けることが可能です。

ただし、収入のない専業主婦はプロミスをはじめとする大手の消費者金融のカードローンには申込む事はできません。専業主婦の場合は専業主婦申込可能な銀行カードローンに申込む必要が出てきます。

スピーディーに安心してお金を借りたいなら、やはりプロミスがおすすめです。他の消費者金融もおまとめローンとしてアコムもプロミスも利用できますが、総量規制の例外になるようにしっかり業者側に伝えることが大切です。

プロミスですぐ借りれる必要のないおまとめローンの申込み方

今すぐお金を借りたいという要望は、何かを購入する場合や行動するのにお金が可kる場合などなので、

 

急を要する=すぐかりる必要があるわけです。


しかし、既存の借り入れの借り換えや複数の借り入れをおまとめするおまとめローンとしてプロミスを利用する場合は、決して急ぐ必要はないですよね。借り換えやおまとめで大切なのは、融資スピードではなく、

 

如何に確実に借り換えに成功し、返済元の一本化や金利や利息・毎月の返済金額の減少させる事です。


SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは貸金業者ですから、総量規制の対象業者になりますので、借り換え・おまとめを成功させるにはいくつかの注意点があります。

プロミスは総量規制があるので借り換え・おまとめローンの場合は一般申し込みをしてはいけない

プロミスで借り換える場合は、総量規制がありますので『年収の1/3まで』ということを念頭においておかなければいけません。ただし、プロミスで借り換える金額が年収の1/3までではありません。

 

総量規制では貸金業者からの借入総額が年収の1/3までしか貸せないことになっていますので、この場合既存の他社借入+プロミスで借り換える金額が年収の1/3までに収まらなくてはいけません。


例えば、年収が350万円の方が他社借入100万円をプロミスで借り換えようとすると、プロミスで100万円借りる事になります。そうすると、総量規制の計算方式では、

 

他社借入100万円とプロミスでの借り換え用の100万円、合計200万円は年収の1/3を超えており、法律的にプロミスでは貸し出すことはできません。


 

では『プロミスでは借り換え・おまとめローンができないのか?』というとそうではありません。


総量規制には例外というものがあり、総量規制の範囲を超えて借入可能になる場合があります。その中に、

 

『顧客に一方的有利な借り換え』は総量規制の例外となり、おまとめローンがそれに当たるので総量規制の範囲を超えて借入が可能になります。


ただしこの総量規制の例外を利用するためには、総量規制の例外を適用する条件に沿った商品に申込まなければなりません。プロミスにはこの総量規制の例外を適用する条件に沿った商品『貸金業法に基づくおまとめローン』といいものがあります。

これに申込めば、上記の例のような年収が350万円の方が他社借入100万円をプロミスで借り換える事も可能になります。ただし、プロミスの貸金業法に基づくおまとめローンに専用申し込みフォームはありません。

 

なのでプロミスにネット申し込みをした後、プロミスに電話して貸金業法に基づくおまとめローン出の申し込みの旨を伝えれば確実にこの商品で申し込むことができます。


この商品に申込むには、既存借入が全て総量規制の対象である貸金業者からの借り入れでなければなりません。また借り換えた場合のの既存借り入れへの返済はプロミスが債務者に代わって完済する形となりますので、借入金が申込者の手に入ることはありません。

では銀行からの借入の借り換えはどうすればいい?

総量規制の対象外の銀行からの借入を、プロミスの貸金業法に基づくおまとめローンでの借り換え申し込みをすることはできません。ではどのようにしてプロミスでおまとめローンをすればいいのか?

 

例にとって考えて見ましょう。年収350万円の方が銀行カードローンでの借入100万円をプロミスで借り換える場合を考えて見ます。


貸金業者からの借入の100万円の場合は総量規制によると、既存借入100万円+借り換え用の借入100万円で合計200万円と年収の1/3を超えてしまいますので、貸金業法に基づくおまとめローンを利用しなければなりませんが、銀行カードローンでの借入100万円の場合は総量規制の対象外ですので、プロミスでの借り換えの場合は総量規制の年収の1/3までの範囲に入りません

 

したがって、プロミスでの借り換え用の100万円が年収の350万円の1/3までに収まり、一般申し込みでの借り換えが可能になります。


既存の銀行カードローンでの借り入れのプロミスでの借り換えは、借り換え金額がしっかり年収の1/3までに納まるかどうかを計算して申込むようにしましょう。

プロミスでは審査の際に在籍確認を行います

プロミスでのご契約を希望するお客様には、通常審査の一環として職場への在籍確認を行います。これは通常、電話をすることにより行います。特に、プロミスという名前が出てくることはありません。

例えば、「山田ですが営業の○○さんいらっしゃいますか?」というような電話が職場に掛ることになります。必ずしも電話を掛けた時点で、その職場内にいる必要はありません。当然、営業で外出している場合も考えられます。

この在籍確認は、決してプロミスだけで行われるものではなくアコム在籍確認があります。どこの金融業者からお金を借りる場合でも、当然行われるものです。プロミス店頭、インターネット、お電話等、お申し込みの手段にかかわらず在籍確認は行われます。

貸す立場から考えれば当然の行為ですよね。いきなり申込みに来た人に

 

最短即日で融資を行うわけですから、それぐらいの調査は当然行われるべきものです。


私もはじめて利用した時は、この在籍確認はとても緊張しました。ただ、金融業者の方もお客様の気持ちを理解してくれていますので慎重に電話はしてくれます。プロミスなどの大手では、きちっと教育されていますので、大抵は大丈夫だと思います。

今では店舗に行かなくても契約が出来ますので、例えば会社の昼休み中に電話をして申し込みをする、ということも十分考えられます。そしてお昼過ぎに在籍確認の電話が掛ってきて、会社が終わるころには審査も終わり借り入れ可能状態にあるという感じです。

会社への在籍確認の電話を別の方法で確認する相談ができる場合があるという話も聞きますが、

 

基本的には必ず行われるものと認識した方がいいでしょう。


どうしても会社に電話して欲しくない場合は、編集部でも回避できた実績があるので相談して見てください。まあ、営業の方なら、そんなに怪しまれることはないので、そんなに神経質になる必要はないと思います。お金を借りるということは、それだけ社会的な責任が問われるということですね。

周りの方に迷惑が掛からない様にしないといけません。普通に返済していれば、プロミスの在籍確認では特に何の問題も生じないです。

プロミスの在籍確認は金融庁プロミス在籍確認プロミスログインプロミスで借りたらすぐに借りれるすぐに借りれるプロミスで借りたら?を確認してください。